株価指数CFDのメリットについて。

By admin - Last updated: 木曜日, 8月 25, 2016 - Save & Share - Leave a Comment

はじめて株価指数に投資をしようと考えている方は、CFDがおすすめです。
CFDとは差金決済取引のことなのですが、株価指数に投資をすることで分散投資ができるようになります。
これにより、損失が膨らむというリスクを避けることにつながるので、まさに初心者向けと言えるでしょう。

どのようなメリットがあるのかというと、以下のようなものです。

●国内外の株価指数に投資ができる
日経225(日本)、NYダウ(アメリカ)、DAX(ドイツ)、FTSE100(イギリス)と、世界の主要株価指数が取引対象です。
ウェブサイトでリアルタイムの情報が入手しやすいので、値動きの予想がしやすいことも特徴になります。

●リスク分散ができる
インデックス(株価指数)投資は株式投資のように個別銘柄に投資をするのではなく、多数の銘柄の株価の指数に投資をします。
ですので、一社の経営が傾いても他が順調であれば影響はほとんどありません。
リスクの高い取引にはならないということは大きなメリットです。

●円貨で取引ができる
通常、海外投資の場合は日本円を現地の通貨に交換してから取引をしなければなりません。
そのため、為替の変動リスクがどうしてもつきまとってしまうだけでなく、為替手数料も発生します。
一方で株価指数CFDは海外の株価指数にも円貨で取引ができるため、指数の動きだけを予想した投資が可能です。

●「売り」から取引ができる
株式投資などの場合は「買って売る」という取引しかできません。
この場合、相場が上昇していく局面においては利益を狙うことができますが、下落局面では利益を狙うことはとても難しくなります。
株価指数CFDの場合は、「売って買い戻す」という取引もできるので、上昇局面、下落局面どちらの場合でも利益を狙うことができるのです。

●レバレッジを用いた取引が可能
証拠金取引では、少額の資金で大きな取引ができます。
たとえば日経225証拠金取引なら資金8万円で200万円分の取引ができる、という仕組みです(レバレッジは25倍)。
まとまったお金を用意せずとも投資ができるのはうれしいですね。

Posted in 日経225 • • Top Of Page

Write a comment