日経225の銘柄について。

By admin - Last updated: 金曜日, 8月 12, 2016 - Save & Share - Leave a Comment

日経平均株価(日経225)は、東京証券取引所第一部に上場している銘柄のうち、225銘柄を対象としている株価指数です。
日本の株式市場の代表的な株価指標のひとつで、日本経済新聞社が算出・公表しています。
国内外でも最も知名度の高い株式指標であると同時に、民間が作成している経済指標でありながら日本国政府が経済統計に使用していることでも有名です。

構成銘柄については、取引が活発で流動性が高い225銘柄を選定しています。
株価の騰落率ではなく、騰落金額の平均を示す、「株価平均が経株価指数」をもとにした計算方法で、守勢平均を算出しているとのことです。

構成銘柄は年に数回変更されており、2016年現在で変更された(される予定のもの)のは、
・2016年3~4月
 除外・・・横浜銀行
 採用・・・コンコルディア・フィナンシャルグループ
・2016年8月
 除外・・・シャープ
 採用・・・ヤマハ発動機
となっています。

本項では、業種についてまとめてみました。
業種の横の数値は、銘柄数です。
ぜひ投資のご参考にしてみてください。

●技術(医薬品8、電気機器30、自動車・自動車部品9、精密機器5、情報・通信6)
●金融(銀行11、その他金融1、証券3、保険6)
●消費(水産2、食品11、小売業8、サービス8)
●素材(鉱業1、繊維4、パルプ・紙3、化学工業18、石油2、ゴム2、窯業8、鉄鋼業5、非鉄金属・金属製品12、商社7)
●資本財・その他(建設9、機械16、造船2、輸送用機器、その他製造3、不動産5)
●運輸・公共(鉄道・バス8、陸運2、海運3、空運1、倉庫・運輸関連1、電力3、ガス2)

ちなみに、時価総額が高い銘柄トップ10をご紹介すると、以下のようになります。

1.トヨタ 18兆6000億円
2.NTTドコモ 11兆2000億円
3.NTT 10兆3000億円
4.JT 8兆7000億円
5.KDDI 8兆5000億円
6.ソフトバンク 7兆300億円
7.三菱東京UFJ銀行 6兆9000万円
8.日本郵政 5兆8000億円
9.ゆうちょ銀行 5兆4000億円
10.ホンダ 4兆9000億円

Posted in 日経225 • • Top Of Page

Write a comment